History

Consilioは、eDiscovery、ドキュメントレビュー、および法務コンサルティングサービスのプロバイダーとして、世界中で最も高い評価を受けている卓越した能力を持つ企業の1つです。私たちがこれまで歩んできた道のりをご紹介します。

2002年、当初はFirst Advantage Litigation Consultingという社名で設立されたConsilioは、元々、電子保管情報(ESI)のビッグデータと格闘し始めていたグローバル企業に対してフォレンジクスコンサルティングサービスを提供することに特化した会社でした。多言語ドキュメントの処理を得意とするデータ処理ソフトウェアを構築したTrue Data Partnersを買収することによってテクノロジーをさらに強化したConsilioは、データ処理とeDiscoveryサービスの分野に進出しました。2005年、ConsilioはウェブベースのレビューテクノロジーであるグローバルRPMと、安全なデータ管理サービスを開始しました。2006年から2010年にかけて、Consilioはヨーロッパとアジアに進出し、市場を開拓しました。また、インドに拠点を置くオペレーションチームを確立し、グローバル化が進む企業に向けて、24時間いつでも対応できるサポート体制を築きました。同じ期間に、テクニカルコンサルティング分野で優秀な人材が加わったことで、eDiscoveryサービスとeDiscoveryコンサルティング、そしてドキュメントレビューサービスがさらに強化されました。2010年の初め、国境を越える訴訟が増える中、お客様の声に応えるため、ヨーロッパとアジア市場における業務拡張と投資をさらに続けました。また、業界トップのオーディオレビューソリューションと、グローバルRPMレビュープラットフォームのテキスト分析ワークフローを導入したのもこの期間です。

2013年、First Advantage Litigation ConsultingはConsilioへと社名を変更しました。2015年、Consilioは、Shamrock Capital Advisorsから多額の出資を受け、親会社のFirst Advantageから独立しました。Shamrockの支援で、ConsilioはBackstop LLP、Proven Legal Technologies、そしてHuron Consulting GroupのHuron Legalを買収しました。各社のビジネスが補完的に加わったことにより、Consilioの能力とソリューションはさらに強化されました。Backstopからはプレディクティブコーディングソフトウェアが、Huron LegalとProven Legal Technologiesからは豊富な法務コンサルティングサービスと強力なテクニカルスキルが加わりました。