欧州委員会からのガサ入れがあった場合に従業員が十分に対応しきれないのではないか、という懸念から、あるグローバル企業からConsilioに、4ヶ国で同時に「ガサ入れの予行練習」をしたいというご相談がありました。チームは、50名を超えるカストディアンを対象に、ラップトップ、デスクトップ、サーバーのデータ、携帯電話、そしてサーバーからEメールを収集しました。Consilioはこのガサ入れで、業務の混乱を最低限に抑えつつ、委員会の要求により効率的に対応するために、オフィスのリーダーシップやITチームのコミュニケーションに改善の余地がある領域を明らかにしました。