Relativityソフトウェアによるサービス提供

Consilioは、どんなお客様にも使える万能なレビューテクノロジーがあるとは考えていません。案件ごとに求められるニーズは異なるため、お客様にはニーズに合ったテクノロジーを選んでいただく必要があります。このため、Consilioが開発した独自のウェブベースのレビューソフトウェアである[1}[2}グローバルRPM{3]{4]以外の選択肢として、kCuraのRelativityソフトウェアもご利用いただけます。私たちの目標は、Relativityによる優れたサービスをお客様に提供することです。

ベストサービスパートナー

Relativity-Best-In-Service-Orangeお客様がどのプラットフォームを選んでも、期待以上のサービスを提供するという私たちの姿勢は変わりません。2015年にConsilioが買収したProven Legal TechnologiesとHuron Legalは、どちらも5年以上連続でRelativityベストサービスパートナーの認定を受けています。現在Consilioには、Relativity認定アドミニストレーター(RCA)、Relativityレビュースペシャリスト、Relativityレビュー・アナリティクススペシャリスト、RelativityエキスパートおよびRelativityインフラストラクチャースペシャリストが世界各地に75名以上在籍しており、さらに研修や教育を継続的に行っています。

Relativityソフトウェアをグローバルにサポート

Relativityの機能を隅々まで活用できる優れた人材を十分に確保しているプロバイダーはあまりありません。しかしConsilioは違います。世界中の複数の場所でRelativityを運用している主要プロバイダーのConsilioには、お客様の案件特有のワークフローや特徴を尊重しながらサポートできる人材が集まっています。

Relativityソフトウェアの利点を最大限に引き出す

Consilioは、Relativity分析モジュールと並行してBackstopのプレディクティブコーディングソフトウェアを開発してきました。このソフトウェアは多言語の混合ドキュメントタイプのコーパスに対して優れた能力を発揮します。